So-net無料ブログ作成
検索選択
Nostalgia ブログトップ

Exhibition Vol598 [Nostalgia]

うなぎ

環七沿い、塩ラーメンの有名な店へ行ったのだが、あまりの行列と空腹で断念。何を食おうか、とぼとぼ歩いていると、香ばしい鰻を焼く匂いが・・・、見ると小さな鰻屋、妻と顔を見合わせ一瞬で合意。カウンター5席と二人掛の小さなテーブル席が2つ、サッパリとしたインテリアは粋な空間とは言えないが、カウンターの奥で鰻を焼く若いご主人の姿に、何か一途な気を感じた。国産鰻のさきたて、蒸したて、焼きたてに拘っているとの事。美味い鰻を食うには時間がかかる事は承知!なのだが、ラーメン屋の行列より時間が・・・。断食修行のような時間が過ぎ、目の前に運ばれて来た少し小降りな重箱を開けると、タレの香ばしい香りと飯の仄かに甘い香り、空腹の身で待ち焦がれた時、思考回路は蒲焼き一色、一気に食いたい所だが、まずは重箱全体を見渡し、食べすすむ段取りを思い描く。最後に重箱の角に残った飯粒まで想像する。鰻の身はホッコリと柔らかく、皮身は香ばしく確り、脂も強すぎず、タレもキレが良い。一粒一粒が立った旨味のある飯が美味い。シンプルな料理と言っては怒られてしまうが、だからこそ丁寧な仕事が生きてくる。良い職人を見つけた。
003.jpg
翌日、久しぶりに上京してきた友人と渋谷で飲む事になった。上京の楽しみは居酒屋巡りらしく、渋谷の富士屋へ行きたいと言う。しかし、私は前日の鰻屋から肝焼きで一杯やりたかったので一軒目は 「うな鐵」と決めていた。
R0015426.jpg
ここは串焼きが基本、もちろん蒲焼きも有るが、レバー、くりから(腹身)、きも、かしら、ばら身、背びれのニラ巻き・・・内蔵の部位が美味い!冷えたビールとやると最高!友人も満足げで良かった。B級グルメとか、世の中では言っているが、必要不可欠な存在は在る。何故、内蔵料理が生まれたのか?時代や社会環境が大きいと思う。鰻を食べる行為は?・・・人それぞれに事情があると思う。友人も私も精力絶倫に関しては遠い思い出と理解している。
nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Exhibition Vol597 [Nostalgia]

福島県鮫川村

008.jpg
鹿角平観光牧場ここの天文台で去年、原先生のワークショップへ参加、初めての天体観測、目から鱗の連続、今年も参加させていただくのだが、ここで食べた野菜の美味さにも感動。そんな訳で早朝5時起床、福島県鮫川村へ向かった。
009.jpg
先生に紹介いただいた手まめ館、地の野菜と福島県の推薦する豚肉、この次期には、少し早い林檎で夕飯を作った。
002.jpg
003.jpg
クレソンも地物。林檎ソースには少々ワインビネガー、丁字(クローブ)、甘味が足らない感じだが、早稲の林檎の風味が豚肉の脂身と良く合った。
001.jpg
手まめ館の「まめ」が良い!特に豆乳の美味さに感動。豆腐も納豆も、とても濃厚な味わい。
004.jpg
鶏肉は繊維質が強く皮の脂が少ないのだが、噛み締めるとジュシーで、旨味がある。玉子は少し小降りだが、味は濃い。野菜の旨味も強い気がする。
010.jpg
トマトの旨味にも驚いた。ニンニク、タマネギも地物、濃厚ソースが出来た。バジルの代わりにシソ、このシソがビックリ、ソーメンの汁にきざんだ時は、ごわごわ繊維が強く、葉っぱ臭かったのだが、トマトソースと合わせると力強いハーブへ変身した。
011.jpg
美味かった!日曜日からのワークショップが楽しみだ。飯ではなく、天体観測が・・・。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Exhibition Vol596 [Nostalgia]

釣り堀

R0015423.jpg
27年前、独立して初めて生活したのが三軒茶屋。仕事もひまで、暇つぶしに映画館や釣り堀へよく通った。釣り堀と言っても室内の箱釣り、地元の常連が通う社交場だった。
005.jpg
その釣り堀を渋谷の居酒屋富士屋が今月10日、居抜きでグリルバーへ作り替へ開店した。釣り堀は三軒茶屋の名物的存在だったので、少し複雑な気持ちだが・・・。
002.jpg
外観も内装も見事に過去の雰囲気を残している。そのイマジネーションに感服。
009.jpg
厨房は釣り堀の中、取り囲むようにカウンターテーブル、壁面は昔のままの塗装を残している。この角度から見ると、商店街の常連が釣り糸をたれている姿が思い浮かぶ、そして自身の過去の姿もオーバーラップし、ここで飲む酒は少し特別な気持ちになりそうだ。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Nostalgia ブログトップ