So-net無料ブログ作成
検索選択

Exhibition Vol511 [inkAID]

inkAID

テクスチャの快楽と迷路

手漉き和紙

wasi1.jpg
Super Angulon 65mm Kodak T400CN Digital Scan Data
gallery cosmos 発注手漉き和紙、A4

一昨年にギャラリーコスモスで作っていただいた、インクジェット用手漉き和紙、一枚一枚手作りなので、当時A4一枚が千円以上、大量に発注すれば安くなるのだが、取りあえずテストで10枚注文した。表面の質感はとても良い、手漉きだから同じ物は一枚と無い、エッジ部分の漉きむらと凸凹が手漉き和紙の証明、味が有る。


wasi2.jpg
二、三枚印刷して気がついたのは、エッジ部分まで印刷出来れば、手漉き和紙の雰囲気が出るのだが・・・、この白い部分を無くしたい、ただそれだけの事に試行錯誤、残りの紙は全滅。


AIJP

003.jpg
Nikon D3 PlanarT*1.4/50 ZF Photoshop
Awagami Factory びざんA3、 EPSON PX5800 出力 グロスメデュム

アワガミファクトリーの厚手のインクジェット用手漉き和紙。2007年お台場で開催されたashes and snowグレゴリー・コルベール展の2.4mX5.1mの大型プリント用紙はすべて、このファクトリーが漉いたそうだ。その技術が生かされ話題となった。
↓AIJP
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=czeOMzji5Y0&feature=related

004.jpg
和紙のサイズよりひとまわり大きな支持体に貼付け、印刷、その後、指示体から剥がすのだが、和紙の厚さが問題。薄い和紙は厚めの指示体に貼付ければ良いのだが、厚い物は四隅にメンディングテープで余分なスペースを作り印刷する。印刷後テープを剥がすのだが、表面が剥げたり、破れたり、最終的には手か加減を覚える必要がある。


inkAIDの資料の中に、ヒントが転がっている。テキスト通りに進めても手加減、さじ加減を覚えなければ思い通りにいかない事は理解しているのだが、楽しいアクシデントをまだまだ経験しそうだ。
nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Exhibition Vol510 [inkAID]

inkAID

テクスチャの快楽と迷路

0077.jpg
Nikon D1x  Planar 80mm アオリぼかし。
Lyson Standard Fine Art Paper+Small Gamut Ink
EPSON PM-3500 改


2003年の個展「Air」からデジタルプリントへ切り替えた。Lyson Fine Art Paperと多諧調モノクロ用カラーインク Small Gamut の組み合わせは、私の作品のイメージを大きく増幅してくれた。
ただ当時このインクの情報が少なく、勧めてくれた銀一カメラの担当者に聞くとPM-3500でないと高精細なプリンは出来ないとの事、しかし機種は生産中止、秋葉、新宿の中古ショップに問い合わせ、やっと見つけたのだが、A3ノビ、一枚刷り出すのに30分、アートペーパーは表面に付いた紙粉のためローラーがスリップ、セットするのにやはり30分は格闘する。ロールペーパーでパノラマもふくめ、全作品50点を刷り出すのに結局3週間かかった。後から聞いたのだが、本国では多く機種に対応していたようだが、日本国内ではパテントの問題が有ったようだ。実際に、インクカートリッジチップの情報を消さないと作動しなかった。

001.jpg
Sinar P 4X5 Fujinon 350mm Velvia Digital Scan Data
Photshop 加工画像 
支持体、塩化ビニールフィルム、
Liquitex Acrylic GESSO+inkAID White Matte Precoat
EPSON PX5800 出力



撮影技術だけでなく、作品として完成させるには最後にどのようなプリントを仕上げるか、計画的に認識し、作業を進める事が大事に思う。今年の春に個展を開催しようと去年から作品制作を続けていたのだが、プリント方法を構築するのに結局一年以上もかかり断念した。去年、和紙や画材用紙をテストしていて、タナーのサイトでこれだ!と思うコート材を見つけた。
inkAID、インクジェトプリント用コート材、支持体の素材、表面状況に応じて、3種類用意され、その参考書「Digital Art Studio」を開くと、今までの問題が全て解決するかのように思えた。しかし、それは迷路の入り口、英語なので、どうしても理解出来ない事が山積した。例えば指示体の品名は出ているのだが、その素材は何なのか、コート材の料や薄め方、面積比、厚さ、結局一年かけて、入り口に立った感じだ。年内には無理だが来年早々に審査に出し、個展を開きたいと考えている。

Digital Art Studio: Techniques for Combining Inkjet Printing with Traditional Art Materials

Digital Art Studio: Techniques for Combining Inkjet Printing with Traditional Art Materials

  • 作者: Bonny Lhotka
  • 出版社/メーカー: Watson-Guptill
  • 発売日: 2004/08/01
  • メディア: ペーパーバック



002.jpg
表面は仕上げにグロスメディュムで塗装、テンペラ画のように仕上げる。
005.jpg
残念ながら日本国内では販売されていない。メーカーのパテントや販売方針で不利益な冒険はのぞめないだろうが、海外の独創性のあるインクや用紙、プリンター改造システムは、デジタル表現の幅を間違えなく広げている。出来れば、若い才能達に触れさせ、伸ばせる環境が欲しい。
_DSC9079.jpg
Pinhole Camera Zero 4X5 Polaroid 55 Digital Scan Data 
支持体、塩化ビニールフィルム、
Liquitex Acrylic GESSO+inkAID White Matte Precoat
EPSON PX5800 出力

EKOTA LABOのホームページがスタートしました。御一見願えれば幸いです。
001.jpg ↓ http://www016.upp.so-net.ne.jp/E-Onodera/photo/
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート